自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2018年3月31日土曜日

南幌まちなかの家 断熱工事

雪が融けるとともに、強い風の吹く南幌の春が来ました。現場では屋根のシート防水が完了し、特徴的なバタフライ屋根がはっきりと分るようになりました。
 
こちらがシート防水の終った屋根。雪止めを等間隔に入れて雪が滑り全て谷部に集中しないように考えてあります。シート防水は優れた屋根ですが表面は滑りやすいので勾配を用いる場合は適宜雪止めを設置します。谷部に集まった雨水は水平部の軒先から樋で受けて地盤面へ、都市の下水インフラに負担を掛けずに自分の屋根の雨水は敷地内で浸透処理します。従来のM型スノーレーンのように屋根を破って縦樋を床下まで落とすことはしません。極力トラブルを抑え、正常進化させたM型屋根を目指します。
 
余談ですが、現在、一般的に広く普及しているM型スノーレーンは1961年に札幌在住の建築設計士である前田敏男により考案されたのが最初とのことです。当時からいかに雪を落とさず屋根に留めるか、に苦心した様子が感じられます。

大判のタイベックを屋根に隙間なく貼り、その上から通気層を兼用する垂木を置いている様子。お隣の山之内さんのブロック造外断熱の住宅の屋根です。屋根のタイベックはそのまま壁と連続しますから、たとえ屋根の通気層に雨水が侵入したとしても屋根のタイベック表面を流れ壁を伝い腰水切りから地面に排水される仕掛けです。このようにタイベックで一端、防水&透湿を完結させた上に通気層+仕上げ(屋根なら防水)を順序よく重ねて行く方法は北海道独自のものです。室内側から1:「構造レイヤー」、2:「断熱レイヤー」、3:「通気&仕上レイヤー」の順で考えます。たとえば持ち送り梁のようにタイベックを破って上部の垂木を支持するような構造は最近では珍しくなりました。

広幅の0.2mmの厚手ビニルで室内側を防湿します。

ビニルの重ね巾は本州で一般的な30mmではなく北海道では100mm以上。これにテープを用いて更に気密を上げてゆきます。
 
今日はWORLD ORDERなんていかが


発寒の家Ⅱ竣工

昨日は「発寒の家Ⅱ」のお引渡しでした。ほっと一安心です。
工期中はクライアントさんをはじめ、サブコンストラクターのみなさん、現場をまとめ美しく、最後まで仕上げていただいた㈱アクト工房の松澤部長さん、女性の細やかさでいつも助けていただいたT所長、K主任、U棟梁にH職長、株式会社ADさん、新弘設備工業㈱さん、アポロ販売㈱さん、NIPPROさん、東北木材さん、新宮商行さん、クリナップ直需事業部の石川さん、その他現場に係った全てのみなさまに心より御礼申し上げます。今までほんとうにごくろうさまです(笑)。

本来はI型対応であるクリナップのSSマイスターシンクにエンドパネルと対面パネルを製作し合体したメーカー純正の対面型SSマイスター。もちろんこの世に一台だけ(笑)

対流型のかわいい薪ストーブはモルソー社のもの。

パッシブ換気の回収スリットは夜間フットライトに。

2階の天井は北海道産の唐松。

玄関収納もたっぷり。扉は布貼りです。
 
今日はSting&Shaggyなんていかが
 

2018年3月14日水曜日

南幌まちなかの家 悩ましい春・・

ここ一週間で急速に春めいてきた北海道。二週間前には「朝は-12℃で~」なんて言っていたのが嘘のようです。本日は外気温3℃。雪はどんどん溶け道路は実に走りやすくなったのはいいんですが・・・
 
写真は私たち「アシスト&山本組」の足場附近の地面。ここ数日の雨と暖気で雪が融け土がぬかるみ常態。このままでは室内もどんどん汚れてしまいます。
 
もうこうなると厳しい。長靴の底に泥がついて歩きにくくてたいへん。
 
こちらは道路との間に砕石を敷きこんだキクザワ&Saデザインさんの現場。さすが~(笑)それでもK棟梁自ら真剣に道路掃除。ほんとうに頭が下がります。
 
こちらは足場の下に養生シートを敷き込んだアトリエモモ&武部建設さんの現場。それでも建物と道路の間はシートがないので棟梁曰く、明日シートを建物と道路の間に敷きこむんだとか。寒さが緩んで日が長くなり、春の訪れに少しワクワクしつつも、ドロドロの現場を笑われぬよう、私たちも対策を急ぎたいと思います。
 
気持ちの良い「みどり野きた住いるビレッジ」の夕暮れ。
今日はElise Trouwなんていかが

2018年3月10日土曜日

南幌まちなかの家 サッシ取り付け

サッシの取り付けに先立って開口周囲にシールを先打ちする。YKK430のツバの巾は28mm。シールの上にツバを被せ、ビスで固定する。こうすることで一次防水と気密を両立する。日本式のツバ納め型のサッシ取り付けにはとても重要な工程です。
 
シールをサッシのツバで押し潰す要領でサッシを取り付け専用のステンビスで固定する。
 

二階のサッシのFIXはトリプルガラスでガラスの重量が100kgオーバー。

それでもガラス屋さんは慣れたもので楽々と取り付け終了。

4mmガラス×3層に16mmのアルゴンガス層×2で合計44mm厚。ηは0.33。ガラスは暗くなり過ぎないようにクリア色としました。

ガラスの色がクリアだとそんなに色も気にならない。

組み上げ途中のサッシ。6台を合体させて美しい夕焼けを眺めるための大きな開口を作ります。
 
 
完成した時にはちょうど夕焼けが・・・・・
 
今日はバンドメイドなんていかが
 

2018年2月26日月曜日

南幌まちなかの家 建て方開始

いよいよ始まった「南幌まちなかの家」の建て方。写真は「アシスト&山本組」の足場から見渡した2018年2月26日現時のみどり野きた住いるヴィレッジの様子。右から順に「晃和&山之内チーム」、「キクザワ&Saチーム」、中央で先行しているのが「武部&アトリエMOMOチーム」、そしてその左側に見えるテントが「アクト&アトリエO2チーム」。

建て方はアシスト企画さんの大工さん3名。棟梁の渋谷さん、職長の柴田さん、そして棟梁の息子さん。現在1階の柱及び2階梁まで完了。明日、明後日で小屋の登り梁まで進む予定。
 
2/28(水)の現地見学会にはスパン約5mの登り梁がメインディッシュ。大勢のご同業の前で恥をかかぬよう今日も再度、福永所長と打ち合わせ&打ち合わせ・・・・・うーん緊張してきた。(笑)

隅柱は105×150。四つ角に柱が建つと落ち着くのは、設計者の好み。

こちらは根太の落とし込み。最近は1階、2階、場合によっては屋根まで重たい厚物合板貼りが主流。だから大工さんは番手表を睨みながら二枚づつ抱えて梁の上を歩かなきゃいけない。そこで1~2階の低層部では45cm間隔、屋根のような高所では約23cm間隔に梁同士を根太でつないで足場を良くする設計とした。足場が良いと仕事がはかどるし、細かく入れた根太はそのまま天井となり下から眺めても綺麗。家の中に顕しの仕上げを1箇所でも作ると大工さんの意識が変わる。刻みはプレカットだけど、美しく組み上げるのは大工の仕事。大切な材料を足蹴になんてしたら、見上げた天井に証拠が残る。「おーい誰の足跡だ~」・・・みなさんきれいに頼みますよ!(笑)

こんな風に梁の間に根太を入れて行く。□105と違って羽子板金物もいらないし材料も軽くてげんのうで充分。敷き込む予定の構造用合板を背中に二人で分担して根太掛け作業。はかどる、はかどる(笑)。
こんな風に二階の居間の真正面に日が沈む。毎日美しい夕焼けを眺められるってことですが、反面、日射遮蔽も大変・・・
 
今日の帰りにFMで流れていた。テンションが上がってきた(笑)
今日はパワーオブラブ/ヒューイルイス&ザ.二ユース

2018年2月19日月曜日

発寒の家Ⅱ 板金工事

外装の黒い板金が葺きあがってきた「発寒の家Ⅱ」。雪の中、毎日板金屋さんごくろうさま。
 
冬場の工事で板金の伸び縮みがあることを見越して、通常の縦ハゼ葺きではなくて、さざ波加工された板材を用いています。0.35mm厚の薄い鉄板を使って壁を葺くとどうしてもボコボコとした歪みが気になります。もちろんそれも含めて板金の味わいなのですが、中には仕事の雑さ・・と取る人も多く、特にハゼの間が離れた葺き方の泣き所でもありました。従来は板厚を0.4mmに上げてみたり、吊り子と呼ばれるハゼの下地を長く連続させてみたり色々と工夫もしましたが、仕事的にはどんどん大変になりコストも増すので、最近は歪みを気にする住い手さんにはこのさざ波加工をお勧めしています。
 
意外にも、酪農王国北海道は開拓の歴史と同じくらい長い屋根板金の歴史を持っています。材料のコイルは道外から入れますが、それをさまざまな板材に加工する工場は道内に多く存在し、注文に応じて色々な製品を作ってくれます。北海道の建築家の中にはこうした地元の板金が大好きな人も多く(私もその一人ですが/笑)、個人の作風を示す存在になっていることもめずらしくありません。「ああ~○○葺きならAさんみたいな感じね~」なーんて私たちもよく使います。
 
下は1877年竣工の北海道大学(旧札幌農学校)のモデルバーンですが、菱葺と呼ばれる伝統的な葺き方で屋根を葺いています。
                              
棟飾りなんかも板金の手仕事・・今見ても凄い!
 
 
室内は内装下地がどんどん進んでゆきます。化粧柱はばっちり養生済み、天井を貼る前に各種配管、配線をしっかり確認しておきます。
 
今日はClean Banditなんていかが
 
 

2018年2月3日土曜日

発寒の家Ⅱ 気密測定

 本日は、「発寒の家Ⅱ」の気密測定。元々、気密測定には有利な外張り断熱工法ですが、どのくらいの数値が出るのか楽しみです。
整流筒の音は非常に静か。まずは一安心...

薪ストーブの煙突廻りの気密が難しくて何回か目張りを調整してC値が0.2cm2/㎡。あっけなく終了しました。

写真はめがね石廻りの漏気に手をかざすK主任。

実は私の現場担当はT所長、K主任ともに女性なのです。対応もきめ細やかで実に丁寧。施工図も、もの凄くしっかり描いてくれるので、なんだか悪い気がします。
 
今日は現場で働くみなさんにMONDAY MICHIRUを贈ります。
今週もごくろうさまです!https://www.youtube.com/watch?v=tVs39jxsIlA
 

南幌まちなかの家 脱型埋め戻し

2/1(木)の南幌の空は晴れ上がり、凍てついていました。外気温は日向でも-10℃・・寒い
 
上の写真は-10℃の大気の中で、運び込まれた砕石が湯気を上げているところ。
 
カーポートの束石等は凍上しないようにスカート断熱を徹底します。
スカート断熱工法設計・施工マニュアル http://www.hro.or.jp/list/building/research/nrb/koho/pdf/gijutu/skart_manual.pdf

福永所長の寝ずの給油作戦が実り、脱型直前までテント内の温度は+5℃を維持できました。残すは、玄関ポーチ等の土間コンのみ、二月の建て方に向けて順調に寒中コンクリート工事が進行中です。
 
火災の危険があるジェットヒーターをあえて使わず、一般居住用の開放型ストーブを4台用いたマイルドな採暖養生。小出力の熱源を基礎の各所に配置することでコンクリートの初期強度発現に大切な空気温度を+5℃以上に保ちます。出力の大きいジェットヒーターの方が台数も減り、給油も楽ですが基礎各部の温度を等しく保ちながらマイルドに養生することを重視した現場所長の選択です。 
こちらは屋外の散水栓。しっかりとスカート断熱を行い凍結に備えておきます。
 
堀返した土砂は完全に凍結し既に人力で崩すことは出来ません。写真は掘削土の霜柱。カチカチです。
 
建て方に備えて一本、一本アンカーボルトの台直しです。
 
こちらは水滴のまま水が凍っているところ
 
空気中の水分が松の葉で結氷しています。

今日はJAZZTRONIKなんていかが
https://www.youtube.com/watch?v=M6X1yATr-Tw