自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年6月27日火曜日

西野まちなかの家 地鎮祭

先週の土曜日は「西野まちなかの家」の地鎮祭でした。
お天気はあいにくの雨でしたが、西野神社さんの機転でなんとテント付き、助かりました。札幌圏は特に面倒見のよい神社さんが多いのですが西野神社さんはきっと特別だと思います。
 
さて今年前期最初の着工となった「西野まちなかの家」。当然ながら長期優良住宅であり地域の住宅仕様である北方型住宅の基準を満たした23番目の300mm断熱の家となります。担当するのは飛栄建設㈱の松田所長さん。ご自身が300mm断熱の家の住い手であると同時に、自宅である「澄川の家」は14番目の300mm断熱の家として今や全国的に有名です。
 
さて「西野まちなかの家」は0勾配の陸屋根の上にパッシブ換気の塔屋を載せたスタイル。夏場の日射を遮りながら、冬場の低く水平に動く太陽の光を家の中心に落とすために深い庇と袖壁を持つ横長の窓が特徴の家です。今回は石狩工場で生産されるトリプルガラスの高性能サッシであるYKK430を横方向に4連窓してビルのカーテンウオールよろしく横長の連続窓を作ってみたいと思います。
 
さて今年も住い手さんをはじめ「チーム西野まちなか」全員と家づくりを存分に楽しみたいと思います。
 
今日はYOUTUBEで偶然見つけた「BAND-MAID」が凄くカッコヨカッタので・・
 

オーストリアへ行ってきました。その2

こちらは「LCHUB」と呼ばれるCLT(木製大判スラブを用いたプレファブ工法)の7階建てのオフィスビル。パッシブハウスの認定を持ち壁はグラスウールの300mmで断熱されている。床から天井までの奥まった窓は最近の流行なのかもしれません。開閉方式はもちろん内倒し内開きのドレーキップ。高層階には転落防止のため窓の外にガラス製の腰壁が付く。実はこの建物写真の左側(茶色の部分)はRC造のコアとなっていて。これを先に施工し、銀色の木造部分を後でつくる。後でと言っても1階/日のペースで施工が可能だそうだ。

エントランスを入ると室内は木製柱が顕しで使われた柔らかな空間。地元特産のシルバーファー(欧州モミ)の香りに包まれる。

実は今回の疑問は床だった。北海道でもCLTの実証棟があるが時間の経過と共に特に床の割れや狂いが目立ちそのままではちょっとね・・・と言う状態。本場ではその点いかがされているのだろうか?CLTの原料的には乾燥変形が大きい針葉樹材であることは北海道と同じはず、その室内を暖房し計画換気しているなら、この手の材料は当然変形し、集成材と言えどもクラック(ひび)は生じるはずである。結果は半分的中したがもう半分は意外なものだった。(上の写真は乾燥により変形しクラックやねじれを生じている様子)

この写真は木製梁と一体化されたコンクリート製床版の断面モデル。そう・・そもそもこの高層オフィスは床がCLTではありませんでした。(笑)理由は簡単で建設地域の防火規定により床の燃え抜け時間の規定があり、それにパスしないと建設の許可が下りないのだそう。恐らく柱材や梁材は日本の燃えしろ計算のような方法でよいのだろうが、床に関しては木製では難しかったのだろう。

建て方についても専用の模型を用いておねえさんが丁寧にレクチャーしてくれる。「柱を立ててそれから床版を敷いて、これを繰り返して上へ上へ・・・」こんな感じ。

こちらはビデオで見せてくれた実物大の床版の加熱試験の様子。各州で防火規定が異なり中々難しいのだそうだ。同じビデオをページの最後に貼り付けたのでぜひご覧いただきたい。

こちらが彼らが誇るシルバーファーの建具。美しい木肌にドア枠を廃したデザインがきれい。戸当たりは扉の断面をL型に欠き込んで仕込む。

こちらは壁の断熱模型と同時にドアのストッパー。

壁の厚い断熱を構造柱の外側で連続させている。
 
完成までのPVが面白い
 
今日はBAND-MAID・・・かっこいい!

2017年6月25日日曜日

オーストリアへ行ってきました。その1

先日、6/7~13の予定で北海道大学の小澤先生のアテンドでオーストリアのフォアーベルク州を視察することができました。中でも地域で実際に設計に当たる建築家との交流はさまざまな課題を共有すると共に、それぞれの地域が幸福なかたちで存続するために、健全なコミュニティーと地元のものづくりがいかに大切かをあらためて考える機会となりました。小澤先生、森太郎先生、お忙しい中現地をご案内いただいた地域の建築家のみなさん。この場をお借りして一言御礼申し上げます。
入り口横に22-26と書かれた白いオフイスビル。主に建物の外皮性能と統合的に制御された自然換気のみで通年22℃(冬季)~26℃(夏季)を維持しよう。という野心的なプロジェクト。躯体は中空層を持つレンガ造で経年劣化の恐れから一般的な断熱材は使用していない。構造材である中空レンガの断熱性能のみで外壁の断熱性を示すU値は0.15W㎡/Kとのこと。いつも作っている300mm断熱の標準GWの壁と同等である。そのため外壁厚さは約80cmにも達するとのことだ。窓はこの奥に引っ込むので庇の役目を果たすと同時に日射取得ではなく日射遮蔽を中心に考えねばならないことから、縦長の窓は袖壁にも守られ、低い高度で入射する東、西日に対する抵抗力をもつことになる。窓横の通風扉は外気温や室温、CO2濃度といった複数のパラメーターで統合的に制御されオートマチックに開閉が行われる。

天井高は各階とも高く概ね4m。昼光利用の観点から床壁天井とも白色に塗られ、歩くと少々ふわふわした感じ。各階概ねテナントが入居しているが空き部屋は内部に発熱源がないために寒いのだそう。当日は薄曇りだったが意外に暑く、外から中に入った途端よく断熱され調教された建物特有のひんやりした肌触りが印象的でした。

こちらはレストルームですが、このくらい色を使ってあるとホッとするくらい室内の白が印象的でした。
 

説明はエンジニアリング全般からLCC(ライフサイクルコスト)までかなり詳細に聞くことができました。曰く:「従来のように設備任せでも一定期間は同じ効果を得ることができるかもしれないが、少しだけ時間軸を意識すれば、そもそも手厚いメンテナンスが前提の設備に頼らなくてよい建物がコスト的にどんどん優位になることは明らかでしょう。」

一時期の個別的なエンジニアリング重視論ではなく、地域で不動産を安定的に維持し経年による価値の毀損を最低限にし家賃の競争力と収益性を両立させる。と言った・・三方良しのような設計思想を実現するために既存のエンジニアリングを注意深く再検討して使う。そんな彼らの考えに触れることができました。

壁には「エネルギーはアナログで!」のキャッチフレーズ。EUに住む彼らが従来の設備重視のEU型パッシブハウスに疑問を投げかけているようで、ある意味不思議な感じがしました。

もの凄い厚みと樹脂製が徹底されたスペーサー。もちろん全て希ガス入りのLow-Eトリプルガラスの開口部。
 

サッシは木製で雨仕舞いは不思議・・・機会があれば数年後に痛んでいないか検証しに行きたい。

高さ4mのドアや巾7mのトリプルガラス等々・・断熱建具や複層ガラスのスケールでは負ける。ここら辺も次回はぜひ工場まで行ってみたい。
 
今日は久しぶりにヴァレンティーナのピアノで
 
 


2017年6月3日土曜日

南幌町のさまざまな暮らし支援

最近ちょいちょい、南幌町に行くんですけど・・・こんなパンフ見つけました。
うーん凄いですね~(笑)
特に移住施策にもの凄く積極的。お金や物もさることながらこの予算を町の単独予算で議会を通して用意する。つーことが、ある意味・・町の末来を考えている人達が真剣という証。
 
若い人を応援する方法として、住いや子育ての分野に重点的に補助を行っていることも注目していいと思う。
 
自分もまじ15歳若かったら移住を考えたと思います。
 
 

街中の住宅地の土地代を半額にした上で助成が受けられるのだそう。
 

パンフの表紙もイメージじゃなくて実際に移住した人というところがいいと思う。
 

道内にも移住支援に力を入れている自治体は増えてきたが、これだけ札幌に近くてここまで手厚い町も珍しい。


こちらは先日も触れた、町内のインフラ。もちろん町立の小中学校、道立の高校まで揃っています。
 
こちらは町内のコミュニティーバス。
 
今日は村治佳織さんのギター。上手いね~(笑)

2017年5月31日水曜日

今日は楽しい運動会!

みなさん!土日は運動会でしたね~。発寒では前半の競技こそ何とか天気が持ったもののついにお昼前には土砂降りの雨が・・・今年から揃いのはっぴを新調して臨んだヨサコイも演技前半から大粒の雨に見舞われ・・・ 
演技中盤でご覧のようなどしゃ降りに・・・当然ながら演技終了時点で運動会も中断せざるを得ない状況に・・・うーん残念~
 
気の毒なのは子供たちで、せっかくの練習の成果を見せられないばかりか、高学年の競技はお蔵入りの心配も。
 
「あんなに練習したのに誰にも見られず終るのか~?」

昨年、ブログをご覧のみなさまより、たくさん「いいね!」をいただいたことに気をよくした妻が、作ったお弁当も残念ながらハレのグランドから自宅の食卓へ避難することに・・・もちろんおじぃちゃんや親戚たちも交えて食べたお弁当は美味しかったです。お母さん今年もごくろうさま!(笑)

いろいろと学校側も悩んだ末に火曜日に残りの競技を行いましょう!ということに相成り・・・新任のN校長先生ありがとうございま~す。(笑) 平日にもかかわらずたくさんの保護者の見守る中、プログラムはあのヨサコイから。懸命に踊る三男の口からも気合の入った掛け声が響いていました。
 
おじさんの自分には運動会といえばこんなメドレーですよね~



2017年5月23日火曜日

この人のブログ面白いです。

新潟を中心に活躍する工務店。オーガニックスタジオ新潟の相模社長のブログって面白いです。

お題はズバリ「大手ハウスメーカーの価格はどれくらいか?」だそうです(笑)

オーガニックな家ブログ

http://ameblo.jp/organi9-sta/entry-11865162739.html

2017年5月19日金曜日

南幌を歩く

 
 
先日のブログで「チーム南幌」始動の様子をお伝えしました。今日は敷地の美園4丁目界隈から附近を歩いてみたいと思います。まず敷地の前に広がる「中央公園」。整備の行き届いた大きな公園で、テニスコートや子供と楽しめるサイクルコース。もちろん遊具やベンチも豊富。特にサイクルコースは立体交差・・・滑り台なんて4階建ての大きさだ。これはかなり驚く(笑)こんな公園の前に住めるなんて札幌だとちょっと考えられない。 

こちらが立体交差のサイクリングコース

この大きさが分るだろうか?滑り台といっても高さ2mから滑る、公園によくあるやつとはスケールが違う。これにはマジでびっくりしました。

滑るのが面白くて、面白くて止まらなくなった子達の大きさが分るだろうか?こりゃあ~確かに楽しそうである。(笑)

こちらは隣接する南幌小学校のグランドに泳ぐ鯉のぼり。先生、みなさまごくろうさま!(笑)

グラウンドから見ると中央公園の巨大滑り台はランドマークだ。

こちらは南幌町の雨水マンホール。まち歩きを憶えるとマンホールコレクションにはまります。

こちらが南幌小の正門。もの凄く立派できれいな小学校。

小学校の横からは中央公園に抜けられる。

もちろん北海道の田舎らしくお約束の風景にも事欠かない。「おじちゃーん、もう帰るの?うちの畑も起こしてよ~」なーていう会話が聞こえてきそう。いや・・間違いなく娘の畑を起こしてきた帰りと見た。(笑)

こっちはホームセンター。今頃は畑やお花の苗を売っています。品揃えも豊富。

こちらはオープン予定のショッピングセンターの敷地。

とにかく市街地に起伏がなくて全町バリアフリー(笑)。広々としていても距離的には全ての施設が徒歩15分圏内。突き当たりに見えるのが町役場。

とにかく役場に向う中央通り沿いになんでも揃っています。こちらはまた立派なスポーツセンター。
こっちはプール。まー空いていること(笑)ほとんど泳ぎほーダイ。

こっちはアリーナと格技場。エアロビにバトミントンにヨガ、各種少年団等々賑やかです。
 

実は南幌、月例のフットパスが有名。毎月第三日曜日、朝10時に出発。地元のガイドさんとさまざまなコースを歩きます。これは楽しいよっ!参加費は¥500/人、事前の申し込みは不要なのでぜひ気楽に参加してみては?(笑) 集合場所はふるさと物産館ビューロー前!「えっ?住所?だから中央通りにぜーんぶ面してます(笑)」

こちらもりっぱなA.COOP。なんでも揃ってます。

Aコープの裏が町役場。

札幌にいると市民憲章なんてまともに読んだことなかったけど。あらためて読むとけっこうぐっと来るね~歳取ったせいですね(笑)

役場の裏がまた生涯学習センター

その名も「ぽろろ」

左上の中央公園のある街区(敷地もここ)の右側。中央1丁目~4丁目。そして栄町1丁目の間に今紹介した施設のすべてが揃っている。この他にも、ふるさと物産館ビューローは展望台とバスターミナルを兼ねていて、JRバス、中央バス、夕鉄バスの三社が乗り入れ、札幌、岩見沢、千歳方面に定期便を運行している。
 
当日は札幌から行ったせいか穴場的なカルチャーショックを感じた。確かにものは考えよう・・・次回は南幌町の移住支援等々についてレポートしたいと思います。
 
今日はシェリルクロウとスティング・・これもいいです。