自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年10月19日木曜日

西野まちなかの家 見学会のご案内

 

かねてより、チーム一丸となって取り組んでまいりました「西野まちなかの家」がおかげさまを持ちまして竣工を迎えることとなりました。この度、建て主さまのご厚意により見学会を行いますのでご希望の方はお知らせ下さい。またたいへん恐縮ですが見学会は事前にお申し込みをいただいた方に限らせていただきますので予めご了承下さい。


■見学をご希望の方は1:住所、2:氏名、3:ご連絡先(携帯可)を記入いただき下記のアドレスまでお送り下さい。確認の後、地図を返信させていただきます。
連絡先 teste-ako.ao@dream.com(誤送信防止のためteste-以降のアドレスをお使い下さい。)
(*:いただいた個人情報はご本人様確認以外には使用いたしません。)

■西野まちなかの家とは?

北国にぴったり合う、定番みたいな間取りを作ろうと思いました。

ある日それこそ何気なく開いた新聞広告に載っていた建売の間取り・・・見ていて違和感を感じました。靴の雪も払えない狭い狭い玄関やコートの収納場所さえないホール、日当たりのよくない居間、部屋数だけは立派な二階の寝室エリア・・・等々 もっと素直に日々の暮らしの中から「必用」を吟味して地域の暮らしに合った間取りは出来ないものか?きっと、当たり前だと思われているものが違うんじゃないだろうか?そんな想いを深めていた時にお会いしたのが「西野まちなかの家」のクライアントさんでした。自らの暮らしに必要なもの丁度よいを大切にする。そんな思いで新たな間取りの「定番」を考えてみました。
■コンセプト
「地域を楽しむ定番の間取り」

 仕様/性能
■平成28年度地域型住宅グリーン化事業(長期優良住宅)
■北方型住宅ECOプラス
■フラット35S金利A仕様住宅
■Ua値:0.22W/㎡K
■燃費:3L/㎡年 (300L/年.灯油換算)
■C値:0.2cm2/㎡

●寒さを暮らしに生かす室内から使える冷温庫
●パッシブ換気 (換気と暖房に自然エネルギーを併用する北海道産技術)
●給湯と暖房(熱源:プロパンガスによる潜熱回収型ボイラー)

●樹脂製断熱サッシ(トリプルガラス)
●圧倒的な断熱性がもたらす寒さのない穏やかな室内(300mm断熱)
●夜を楽しむ内照式照明、LED照明
●トドマツの外装
●屋根はシート防水による無落雪タイプ
 
施 工
●飛栄建設株式会社   現場所長:松田卓也 棟梁:宇野伸二
設備工事:暖房工事  日弘ヒーティング㈱ 担当 鈴木氏
      :水道工事  丸松鶴野設備 担当 鶴野氏
●電気工事:株式会社  真電舎 担当 本間氏
 
サブコンストラクター
●断熱樹脂サッシYKK430:YKK AP株式会社
●高性能グラスウール:パラマウント硝子工業㈱ 
●オーダーキッチン:クリナップ㈱ 直需事業部 
●断熱ブラインド:P.Vソーラーハウス協会 
●白樺積層合板:瀧澤ベニヤ㈱  
●デマンド型排気口:㈱マツナガ 
 
環境コンサルタント
●(有)タギ建築環境コンサルタンツ Dr. S.M.タギ
 
プロジェクトマネージャー
●山本亜耕建築設計事務所 山本亜耕  
 
■お願い
おかげさまで、最近の内覧会はたくさんのご来場をいただくようになりました。これもひとえにチーム全員の活躍を楽しみにしていただいているみなさまのおかげと心より感謝いたします。しかしその一方で近隣とのトラブル(違法駐車、ゴミ、タバコの投げ捨て等)も見られるようになりました。残念!(もちろん少数の心ない人の仕業ですが/笑) 私たち地域の作り手に興味をもっていただき、貴重なお時間を割いてまでご来場いただくことは嬉しい限りです。ぜひたくさんの方々に地域の職人さんたちの仕事を見ていただきたいと思いますが、こうした現状も踏まえ、希望者限定の見学会とさせていただくことにご理解をいただければ幸いです。ハードルを上げることはけして本意ではありませんが、たとえ人数は減っても実りある見学会を目指してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。 
                         プロジェクトマネージャー  山本亜耕