自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年12月8日金曜日

野幌の家 現在の様子

「野幌の家」は足場が解体され、唐松の力強い外壁が姿を現しました。道路に近い窓には縦格子が取り付けられ外から内部が見えにくいように工夫されています。

建て込んだ住宅街のために窓を付けられる方位が限定される条件の中、南東側に設けた大開口です。袖壁が視線と日射のコントロールを担い明るく落ち着いた室内を実現させています。

きれいに組み上げられた屋根の登り梁と根太。地域材の唐松製です。

白樺の合板による建具枠もきれいに取り付けられました。

こちらは手摺の下地。もうすぐ全てボードが貼り終わるので隠れる部分の下地を見て歩きます。

発寒の家Ⅱ 建て方開始

12/6より始まった「発寒の家Ⅱ」の建て方、前面を資材置き場にし少しづつ材料を奥に運びながら組み立てて行きます。前面道路も狭いのでクレーンの使用は難しく、人力による建て方となりました。

本格的に気温が下がり、材料が濡れる心配は減りましたが、これからは除雪が日課になるシーズンです。