自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年12月28日木曜日

2017年 御礼

 
2017年は例年にも増して、たくさんのお仕事をいただいた年になりました。
 
その中で全ての住宅を300mm断熱としてご指名いただき、こと私の事務所に限って言えば、最近は特別な住いという感覚はほとんどなくなりました。協力各社のみなさんのおかげで難しかったローコスト化の研究も進み、家づくり中心世帯と呼ばれる30~40代の方々の所得で充分実現可能な仕様もほぼ見えてきました。想えば来年2018年で「300mm断熱プロジェクト」も10周年を迎えます。既に25棟目と26棟目が着工し、来年は記念すべき30棟目が着工予定です。今までプロジェクトに積極的に参加してくれた多くの工務店のみなさん、協力各社の皆さん、そしてご指名をいただいたクライアントのみなさまに心より感謝申し上げます。来年は、「新琴似の家」、「釧路の家」、「旭川の家」を一緒に作りましょう!(笑)
 
オーストリアへ赴き環境先進国のリアルを体験した年でもありました。先進国の地方の共通の悩みとして少子化や人口流失、高齢化は日本と同じ、その中でいかにして地域を守りそれに資する建築を考えるのか?という姿勢に深く共感した一年でした。
 
北海道と南幌町さまからご相談をいただき、私の所属するJIA(公社/日本建築家協会)北海道支部の仲間たちと南幌町のまちづくりのお手伝いをする機会をいただいた年でした。長らく、疎遠と言われていた地域工務店と建築家の協働によるモデルタウンが来年の5月には完成します。その節にはぜひ足をお運び下さい。
 
みどり野きた住いるヴィレッジHP http://www.kita-smile.jp/kitasmilevillage
 
困難な断熱リフォームに取り組んだ一年でした。もの凄く勉強になるとともに、竣工初期の性能確保と確実な施工の大切さをあらためて思い知った年でした。貴重な学びの機会をいただいたクライアントさまには心より御礼を申し上げます。ぜひ十勝の冬を楽しんでください。
 
今年一年、ほんとうにありがとうございます。また来期もどうぞよろしくお願いいたします。
 
山本設計は12/30(土)~1/8(月)まで冬季休暇とさせていただきます。
それではみなさまよいお年を!
 
今年の締めはバッハの管弦楽組曲第三番なんていかが